2018年10月01日

チープエアガン7 まさかのシモノフ

久しぶりのチープエアガンシリーズ。
今回はこちら。


いつもなら箱も撮影してるんですが処分しちゃいました...ゴメンなさい。
シモノフと言うか五六式でしょうか?早速見てみましょう。
地味にエアガン化に恵まれない貴重な半自動小銃系。


1,種類はコレだけですか?

恐らくコレだけです。箱はWEのガスブロみたいな感じのダンボールにちょっと印刷がしてあるぐらいです。

もしかすると、日本に入ってきてない違うエアガンも作ってるのかも知れません。

2、モデルは何ですか?

たぶんSKSの中華コピーの五六式を独自改良した、六三式自動小銃だと思います。(銃剣もスパイク式だし)
とりあえずシモノフ系であることは間違いないでしょう。

3、仕上がりはどんな感じですか?

チープガンの中でもかなりハイクオリティーです(笑)
プラスネジを気にしなければ満足でしょう。
これのびっくりな所はフロントのガスチューブ、クリーニングロッド(ただの棒) スイベル以外はオールプラスチックトリガーだろうがリアサイトだろうがコッキングハンドルもプラです。


4、銃剣突撃はできますか?

プラ製銃剣は展開できます。危ないのでやめましょう

5、狙うことはできますか?
できます。 ピープサイトが中華らしくて良いですね。

リアサイトの調整も出来るけど、板バネがあるわけでもなくプラの弾力で抑えてるだけなので何度も動かすと変形するのでオススメしません。

6、フルサイズですか?

実際に本物を持った事がないのでわかりませんが、チープガンに良くあるストックの短さの様な事は感じないので、たぶんフルサイズでしょう。


説明書も日本向けだったりします。
ボルトハソドル、スリンダピン、マガジンキセツチボタン、仮定する竿

かーちゃん!

あーなるほど、完全に理解した。

プラ製のレールが付属していてマークスマン仕様にもできます。
ただ、穴あけ加工と曲面のレシーバーに取り付けるには加工が必要です。
書き忘れてましたけどただのエアコキでは無くライブカート式です。 排莢も楽しめます。

まぁこんな感じです。
チープエアガン系はランクをつけます。

ランク1、ゴミ
ランク2、ゴミだけど少し真面
ランク3、ゴミだけど面白さがある
ランク4、ゴミでは無いのかもしれないエアガン
ランク5、コレはアリ
ランク5.5、隠れた名品

で、今回のシモノフ?六三式?風なこちらは,,,

ランク5.5で!
貴重な半自動小銃系のモデル化であると言う事とライブカート式、お値段5千円でコレなら有りでしょう!

以上、チープエアガン7でした。




同じカテゴリー(チープエアガン)の記事画像
チープエアガン9 こんなの誰が知ってるんだ...?
チープエアガン8 ファイブセブン
チープエアガン6 ウッズマン
チープエアガン5 ハイキャパ風
チープエアガン4 ワルサー風?
チープエアガン3 USP風
同じカテゴリー(チープエアガン)の記事
 チープエアガン9 こんなの誰が知ってるんだ...? (2018-11-07 00:01)
 チープエアガン8 ファイブセブン (2018-10-28 00:44)
 チープエアガン6 ウッズマン (2018-07-01 17:26)
 チープエアガン5 ハイキャパ風 (2018-06-25 00:18)
 チープエアガン4 ワルサー風? (2018-06-18 00:30)
 チープエアガン3 USP風 (2018-06-16 23:45)

Posted by おじぇい  at 17:49 │Comments(0)チープエアガン

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。