2018年05月13日

マニアックなプラモ1/48 RE.2001アリエテ改

本日はレシプロ戦闘機のプラモです。
全く人気のないイタリア戦闘機RE2001です。少し改造。

最近艦隊シュミレーションゲームに登場して少し人気に??



流通してるスーパーモデル(イタレリ)の1/72スケールキットではなく、非常に珍しい1/48のチェコ製のキットです。(初めて見ました、1/48であったんですね...)

枢軸国だとBF109や零戦の影になっているイタリアですが、面白い戦闘機もあります。

ほぼ知られてませんが、世界で初めてジェット機(正確にはハイブリット方式ですが)飛ばしたのはイタリアだったりします。カプロニN.1が一機残ってるそうで...

横から、胴体を詰めた感じが何処か可愛らしい...
空冷のRE2000にBF109で馴染みのあるDB601液冷エンジンを搭載
日本でもハ40として生産し飛燕に載せられてます。

キットだとエンジンは付属してません。このキット以外もエンジンがつく事はあまり無いです。(と言うか液冷戦闘機は組んだ後だと外からエンジンは見えません)
機首部分に少し手を加えてみました。

機首が空洞なので、エンジンと適当に塗ったケーブル、ブレダSAFAT機銃を搭載、エンジンフードを接着せず穴空け加工し、内側が機銃に干渉しないように削ってます。 
機銃の先端を少し出るようにして、これでエンジンフードを取れない様にしてます。外したいときはプロペラ抜いてフードを前にスライドさせれば外れます。

エンジンはアリイの飛燕に付属してた物を使用、機銃は別キットに付いてた同スケールの1/48から持ってきました。

取るとこんな感じです。
キットの難易度はこれ「かなり難しい」と思います。

まずコックピットのパーツは全てレジン製 レジンって古いプラモによく見られますが歪んでしまうんです。 さらに強度が無いのでパーツを切り出す時に割れたら修理は困難。

外国キットのあるある、絶対にパーツ同士を合わせるとズレがあります。特にこれはズレが酷く感じます。(パテで内側からゴリ押しで固定)

風貌はクリアパーツでは無く、自分で切り取るタイプ。
分かりやすく言うと梱包のブリスターみたいな感じです。切り取りにミスったらアウト。(私も前部分は上手く出来ましたが、後方を失敗したのでタミヤのRE2000から持ってきました)

あとは主脚の支柱パーツはありません。説明書によると「自分で作ってね」的な事が書いてありました...
少しレビュアーみたいになってしましましたが(笑)以上が1/48のRE2001です。これから作る人の参考になると嬉しいです。(ほぼ居ないと思いますが...)
  


Posted by おじぇい  at 21:50Comments(2)プラモデル1/48

2018年05月13日

MP-18Iベルグマンとスネイルマガジン

東京マルイの新製品がまたM4系かよ...もういいよ...とガッカリしてるけどガス用20連マグは買うぞ!速くM16を売ってくれ!と思う自分です。

本日はMP-18I(ベルグマン)とスネイルマガジンです。

CAW製モデルガン(スネイルマガジンは装着出来ません)

説明はいらない世界最初の短機関銃、

確か10年ぐらい前でしょうか?CAWが限定で販売してた物です。
値段が10万越え、恐らく300丁(260丁ほど?)しか作られず、今では中古でも中々見かけないモデルガンです。(手放さないよね...これ...)
今でも中古で10万は超えると思うので個人的には、手に入れるのが難しいかと...


mp18Iの特徴的なバレルジャケット、スチール製
ここがカッコいいよね、文句無しの再現度です。相当な手間が掛かっています。多分削り出し、油断するとサビるので注意です。(地味に埃も溜まりやすい...)



レシーバーとボルトハンドル
マイナスネジの先端がくっつくのでボルトハンドル部分のみスチール?
レシーバーはダイキャスト製。
ボルトハンドルは数回動かすだけで緩んでしまうので注意です。
リアサイトはシンプルな2段階切り替え式。

マガジンハウジング部分
このパーツはダイキャスト製、このパーツがレシーバーと銃身、バレルジャケットを固定してます。
六角ネジ一本でしか銃身とバレルジャケットを固定してないので少し強度に不安があります。(よほどの事しない限り折れないと思いますけど...)


木製ストックは後のMP41に似た形状です。
オープンボルトなのでボルトを引いた状態でトリガーを引くと思っている以上に硬いですね。

テイクダウン状態、レシーバー後方のボタンを押すだけで簡単に出来ます。
(AKのボルトカバーを押す感じが一番似ている...)

ボックスマガジンには32発フルでダミーカートを入れてます。


バレルジャケットに続いて特徴的なスネイルマガジン。
(これも入手しにくいですね...)
ドラム部分は手の平より一回り大きい感じです。ドラムと言っても小型です。
これMGCだと思うんですが刻印が一切ないので不明。

マガジン自体はP08なのでシングルカラム。
フルサイズのダミーカートが入ります。

箱型マガジンを取り付けた状態。
最初にも書きましたが、スネイルマガジンは装着出来ません。ダブルカラムのハウジングにシングルカラムのスネイルは取り付け不可です。

CAWのモデル化したこのMP-18Iは大戦中の物では無く、戦後型のMP-18Iです。
この箱型マガジンを正式な設計としてセレクターを付けた物がMP-28です。
なので大戦終結~MP−28が誕生するまでのMP-18です。

モデルガンとしてもほぼ完璧な仕上がりで、傑作だと思います。
でもねぇ...CAWさん せっかくMP-18を作ったのに、どうしてスネイルマガジンをつけられないの!?
スネイル装着出来たら究極のモデルガンになれたのに...(←これ私だけですかね...?)

以上がCAWのMP-18Iベルグマンでした。
  


Posted by おじぇい  at 00:08Comments(0)ドイツ系SMG

2018年05月02日

電動のFG42

Vショーで購入したFG42
今回のイベントで個人的に一番満足な?一品です。

これなんと電動ガンです お値段3万
近くで見るまで松栄モデルガンのFG42と見分けがつきませんでした。
(3万でFG42でBB弾撃てるなら安いと思います)


見た目的にこのままレーザー発射しても違和感ないよね
FG42の電動キットがあったようで...
(こうゆう夢のあるキット好き「笑」)メカボはなんだろう...?

キットとは言っても造形は素晴らしい出来かと、
外側だけプラモとして作ってみたい。

バッテリーはマガジン部分です。
コネクターはミニ、キャッチ部分が破損してるので修理中。
実銃では前期型と木製ストック、ピストルグリップの後期型のFG42のマガジンは互換性がありません。
恐らく松栄のFG42も互換性がないと思うのでスペアマグを買う方は確認してから買ったほうが良いです。


本当のマガジンはバヨネット部分です。
(なるほど...)
ARESのワルサー2000に近い感じ、50発入るらしい。

バイポットが落ちてきてしまうのでゴムで止めてます。ここはどうするか検討中


強度は思ってるよりあります。(中古のマルイM16ぐらい?)
フロント周りは金属製。
作動もしっかりしてるんでちょっとサバゲで使ってみたい...FG42でした。  


Posted by おじぇい  at 23:18Comments(0)ドイツ系ライフル