2018年10月14日

修羅っぽいフェイスマスク

どこか世紀末というか...修羅を思わせるマスク。
重くは無いけどかなりの厚さと硬さがあるんで、顔面の保護は余裕です。


メッシュはネジ止めで結構荒っぽい感じ。
見た目に反して穴あけしてあるので息苦しさはそんなに無いです。

ゴムバンドの長さは結構ギリギリ、別のものに変えたほうが良いかも。

同じフルフェイス?のエレファントプレートと記念に撮影。

サバゲで顔出しはヤダ...という方にはオススメかも知れません。
あと顔にケガするのはヤダ、という方もコレならありですね。BB弾が当たっても平気です。

威圧感もなかなか(笑)
とりあえず肩パッドにトゲトゲ付ければ、世紀末も生き残れるかも知れません。  


Posted by おじぇい  at 01:50Comments(0)その他装備、小物

2018年09月13日

偽ナチライカ

今日はカメラネタ。

バルナックライカのソ連コピー品。
3つともソ連製...ハーケンクロイツもあるけどソ連コピー。
コピーと言っても古い為か雰囲気がある...

コピーライカだけを集めてるコレクターの方もいるようです。

Luft waffen 空軍用だよ!的な事らしいですけど本物はナンバー刻印がNoとは別にFから始まる別のナンバーがあるらしい。

本家ライカで作られた空軍向けの個体は実在するようですが、ハーケンクロイツは入ってません。

レンズカバーにも刻印があってちょっとおしゃれ。


2つ目、ベルリンオリンピック記念!的な事でしょうか? 多分そうですね。
なんか本当にありそう...

3つ目、金メッキの軍用、金色のカメラを軍が使わないだろとツッコミたくなる一品。
小さくですが、これにもハーケンクロイツが入ってます。

本家ライカの海軍様にはハーケンクロイツがあるらしい...


偽ライカはダイヤルの巻き上げが硬いです。
本物のバルナックライカは非常に軽くスムーズに回せます。

こんな感じで置いても違和感ないです(笑)

うちにあるのは全部ナチマーク入りですけど当然コピー品でも本物と同じ様にライカって書いてある個体も大量にあるので騙されないように注意しましょう。  


Posted by おじぇい  at 23:04Comments(0)その他装備、小物

2018年04月03日

プラモデルの柄付きグレネード

装備品のアクセサリーなんかで手榴弾をポーチに入れてたりする人も見たことがあります。
実際BBボトルとして使えたりする物もありますし、探せば安く手に入るのですが、ドイツの柄付きグレネードだと無い。

無いわけではありませんが、値段が少し高め、鉄製だと重かったり、フィールドなんかでベルトに挟んでおいて知らないうちに落として見つからなかったら残念..
もっと手頃で安く数揃えたい!そんな時はこれがベストかと、

アリイ(マイクロエース)のコンバットシリーズ。
このシリーズに柄付きグレネードがあります。
プラモデル?なので組み立て&塗装する必要がありますが800円ほどで売ってるので便利かも。

成形色は明るめのODにウッドブラウンといった感じです。
素組みだと残念な事になるので塗装しましょう。

エアブラシを片付けてしまったので缶スプレーとエナメル塗料で簡単に仕上げます。

完成しました。木製部分はタンカラー、上部分は零戦の濃緑色で塗装。
プラスチックのモナカ構造なので内側に接着剤とパテを板に貼り付けて補強してます。


木目を表現する為にエナメルのブラウンを使用しました。
これなら遠くから見てもそんなに違和感はないかと思います。

1/1スケールなのでなかなかの大きさです。
上だけくっつけて対戦車グレネードも作れるかもしれません。
アリイのプラモは他と比べて安く買えるので助かります。
以上、アリイの柄付きグレネードでした。  


Posted by おじぇい  at 23:00Comments(0)その他装備、小物