2018年07月07日

ちょっとおしゃれなグリップ塗装カスタム

32オートの樹脂グリップ。

木目風のグリップをベークライト風、見方によっては大理石っぽくしてみます。
写真はチェッカリングを削り取っている段階です、

まずはチェッカリングを適当にカッター等でガリガリ削り落とし、ヤスリで磨きます。



ひたすらヤスリで磨くとこうなります。ピアノみたいにツルツルにしました。
写真の状態にするのに120→240→400→600→800→3000→7500→9800番で磨いてます。
かなり面倒な作業ですが、とても重要なので時間をかけて丁寧におこないます。
(こういうちょっと高そうなグリップあるよね...)



次は塗装ですが、エアブラシも缶スプレーも使いません。
サランラップこれでベークライト、大理石っぽくします。
写真のようにサランラップを潰します、それを塗料瓶に入れます。


写真の感じで塗料のついたサランラップを軽く叩く感じで押します。
強く押し付けるとベタ塗り状態になるのでNG
今回は赤っぽいオレンジと黒を使用しました。

黒の面積が多すぎる感じがしたので、ここで3000番で全体を磨きます。
塗料の段差もなるべく薄くするようにしました。
最後に9800番で仕上げ、

これでグリップが完成しました。
エアブラシや缶スプレーが無くてもこんな感じで塗装カスタムする事が出来ます。
あとはこれを本体につけて完成です。




同じカテゴリー(オリジナルカスタム品)の記事画像
32オート ジャンクとジャンクを組み合わせて、
エアガン塗装のやり方
同じカテゴリー(オリジナルカスタム品)の記事
 32オート ジャンクとジャンクを組み合わせて、 (2018-08-04 01:29)
 エアガン塗装のやり方 (2018-07-07 00:50)

Posted by おじぇい  at 22:11 │Comments(0)オリジナルカスタム品

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。