2018年08月02日

どうしたらこんな事になるの? 中古のM712...

マルシンのガスガン、モーゼルM712
中古を扱ってるお店で5千円以下という破格の値段で売ってた物を購入、写真だとバレルを取り外した状態ですが、外装はビックリするほど綺麗(見た目はね...)だけど中古とは言え安過ぎる...

店員の方に聞くと「(省略)マガジンが破損していて取り出せない」との事。
とにかく外装は凄く状態が良かったので買ったんですけどどうしてこうなった?って言う状態を見ましたよ...

まずマガジンキャッチが何かに引っ掛かって動かない。押された状態で固着してる感じです。(結果理由が分かりましたけど...)

押してる状態なのでマガジンがスルッと抜けるはずですが手では取り出せないのでマイナスドライバーの先端を当ててプラハンマーでコンコン。

隙間から細かい破片がボロボロどうやらフレームの中でマガジンが粉々になっているようです。
マガジンが砕けてるって...

結果マガジンの下部分だけ取り出せて上半分は千切れてます。


ペンチで挟んで上部分を取り出しました。(凄く時間かかりましたけど)

割れた破片がマガジンキャッチに挟まってて押された状態で固着してたっぽいです。(結局今だにマガジンキャッチ自体はまだ取る事ができません。)

亜鉛合金?と言ってもマガジンがこんな状態になるってどんな使い方してたのか...
修復に時間が掛かりそうです。  


Posted by おじぇい  at 22:59Comments(1)ドイツ系ハンドガン

2018年06月08日

不遇すぎる...ワルサーP5 ガスガン

本日のネタはコレ、ワルサーP5
ガスガン

P5ってなにそれ?と言う方に簡単に説明するとP38なんです。
P38を現代的に仕上げ直したのがP5です。

同じワルサーでもppkとかp38とかは有名なのにコレを知ってる人が少ない気が...

元の形と全然チゲー な外観ですがP38と同じく排莢は左側から。デコッキングレバー部分がセーフティーの役割をしてます。(私の個体はスカスカですけど...)

グリップ周りも写真だと分からないんですけど意外とP38です。
マガジンキャッチなんかもP38。
このグリップ...P38に着くのかな?ほぼ同じ形状だと思います。


スライドなんか元の形してませんが、後部とハンマーを見るとP38だなぁ、と言う感じ...

個人的に形もグロックとかより好きですけど...人気ないよね
マルゼンからコレ販売してくれないかな?...多分ないですね...
以上が知名度のなさすぎるワルサーP5でした、知ってる人少ないよね...  


Posted by おじぇい  at 00:34Comments(0)ドイツ系ハンドガン

2018年04月07日

ナカタ/マルシンのルガーP08

今日はルガーP08です。 左がナカタ刻印のルガー、右がガスガンのタナカです。(間違えそう...)

モデルガン系は正直な事言うと撃てないし何がいいの?なんて数年前は思ってましたが物によっては買ってたりします。(松栄のFG42欲しいけど高くて買えない...)


ダミーカートモデルガンだとエアコキみたいにしないと動かせませんが、これはトリガーを引くとトグルが上がってカチャカチャ動くので楽しい。
カートの装填、排莢が上手く出来ないけど、

タナカのガスガンと比べると明らかにグリップが細い、ですがそんなに悪くないかと、P08のグリップの特徴を強くした感じが個人的に好きです。

後ろの形状が違います。ランヤード付ける部分が無かったり

トグルを上げる作動の為かトリガーの形は全く異なります。人によってはかなり気になるかもしれません。
なんだか南部っぽい。

カートの装填、排莢が上手く出来ないので調べてスムーズに動くようにしたいです。  


Posted by おじぇい  at 23:00Comments(0)ドイツ系ハンドガン